flat758のblog

浴室浴槽の塗装を愛知県名古屋市を中心に東海3県をカバーしております。 コストをかけないで浴室をリフォームしたい その願いに近づけるようにお手伝いしております。日頃の施工模様や愛車のトヨタデリボーイ 時々中国ネタなどを発信中です。

カテゴリ: 中国事情

いつもFLAT758のブログに訪問閲覧ありがとうございます。
久しぶりの更新です。今月最初のブログアップです

タイトルのとおりに中国 北京と河南省に行ってきました。河南省は初めてです。
中国内陸部は、あまり行きたいと思わなかったのです。

シェアサイクルの普及は恐ろしいです。半年前にはあまり見ませんでしたが先週時点では
もうあちこちに自転車だらけ
下の自転車は国が運営していて無料と言ってました。
IMG_20170905_160715

こちらは日本にも上陸したMOBIKEです。一番お洒落で乗りやすい自転車です。こちらはどこにでも、乗り捨て可能です。今回の北京ではシェアサイクルのおかげで本当に快適でした。こちらの会社の社長は35歳の女性
素晴しい
IMG_20170909_181906

河南省の観光地 よくわかりません。
IMG_20170907_000204

IMG_20170906_235301
一生懸命に働く少年
IMG_20170906_224906
さすが中国 グリーンティーみたいな緑色の水 夜はきれい
IMG_20170907_084712


北京のスーパーの白菜 鮮度悪いです。 市場の方が鮮度がいいです。
IMG_20170908_185359

北京定番のどこ?
IMG_20170909_124327
アイスクリーム きれいでした
IMG_20170909_132308

中国ではもう現金を持ち歩かなくて全てスマホで決済できます。
先進国で日本が一番現金決済をしている国らしいです。
中国のスマホインフラは世界一かも?
IMG_20170908_185525

最後までブログにお付き合いありがとうございました。

あけましておめでとうございます。本年も宜しくFLAT758のブログを温かくみてください。

さて、この年末年始は中国北京に行ってきました。

最初の画像は数年前から毎年恒例のPM2.5で真っ白の風景
IMG_20170101_082803

北京の中心の街はイルミネーションできれいです。しかし旧暦の中国文化ではこの時季は大して街の変化は無いそうです。上海に比べておとなしい感じのする北京です。
IMG_20161230_193401_1

新しくレンタル自転車が街のあちこちに並んでいます。日本のシェアカーのような使い方?
IMG_20170102_101159

中国風しゃぶしゃぶ これも定番ですね
IMG_20161227_130903

天安門の裏側に位置する旧い町並み史家胡同
北京でも胡同が減っているそうです。
IMG_20170102_140255


IMG_20170102_134105

IMG_20170102_133529

IMG_20170102_141419

日本ではりんご飴ですが中国ではサンザシです、甘い飴とゴマが絶妙な組み合わせ

IMG_20170102_132353

近くの公園の大きな池はスケートができるほどの氷状態
IMG_20170102_135832

北京はジャージャー麺のお店をよく見かけます
IMG_20170102_130053

IMG_20170102_122451

羊肉のBBQ?私は羊肉は苦手でした独特のにおいが苦手
しかし、中国での羊の串焼きBBQは最高です
IMG_20170102_130019

特大の串
IMG_20170102_121444

北京で一番有名な老北京の北京ダックの
IMG_20170103_204822

職人技できれいに皮を切っていきます。
IMG_20170103_183510

IMG_20170103_184815

IMG_20170103_201044

大物政治家スポーツ、芸能が各国から来店しているようです。日本の先生方も招かれていると思います…
IMG_20170103_204646

帰国2日前に今回の滞在中のPM2.5 MAX状態
この画像はマンションの窓から左側が外壁です。
IMG_20170104_083119

無謀とは知っていまいたが、外での撮影がしたくて外で30分の散歩
IMG_20170104_083710

やられました 帰国当日の朝から体調悪い 悪寒がして背中、腰が痛い、頭痛
しかし、なんとしてでも帰国せねばと空港に向かいました。体温センサーに引っかかるのではドキドキしながら
中国、日本へと戻ってきました。今回は観光らしい観光はしてません。寒すぎます。名古屋が暖かく感じます。

今回の北京で気付いたのは電気自動車の普及でした。タクシーも導入しております。
一般の乗用車でも見かけます。後部座席に乗った感じは早いです。加速が凄い
中国、韓国自動車メーカーでしたがレシプロエンジンに比べて全てにおいてコストを安くできるようで今後もっと
普及する感じでした。多分中国政府が環境に新エネルギー車に対して手厚い補助金を出してるようで最大1台あたり
100万円まで出しているようで中国政府は20年まで同じ支援策を続ける方針であり、累計販売台数を500万台まで増やす計画。

index

このページのトップヘ